農業就業者の平均年齢66歳超という現実。

一般の企業であれば、定年に達しておられる方ばかり。

高齢の方だから仕事ができない・・・と言っているわけではありません、農業は経験が必要。高齢の方ほど、熟練した技術と感をお持ちだと思います。

ただ、10年後を考えた場合、66歳の方は76歳になられます。これで数十年後に日本の農業が維持できるのでしょうか。会社として、農業経営として、このまま発展できますか、現状維持できますか。

 

現状を考えると農「家」が増えるとは思えません。となれば、今元気のある農業経営者がさらに大きくなって農業就業者を増やす必要があります。

つまり、みなさんの経営をしっかりと大きな規模でまわしてもらうような経営にしなければなりません。これは単に、研修生として受け入れるだけでは足りません。やはり、会社として育て、人財として大きくする必要があります。

ある農業法人経営者がいわれました「毎年○町という単位で作付面積が増えている(集まってきている)、でもワシの仕事が増えるばかり。圃場の最終的なチェックはワシがしないと・・・。」これでは、大きくなる規模は社長の目の届く範囲と決まってしまいます。

ですから、人を育てる仕組みを作りましょう。でないと、地域は守れません、農業は維持できません。

今、雇用保険から最適な助成金があります。

その助成金を利用して、農業に精通した社会保険労務士が、就業規則から評価制度構築、さらに評価制度の定着までサポートします!
評価制度は、あるものをあてはめるだけではいけません。

農業は元来「家業」で受け継がれたもの。家々によって想いも取り組み方も違います。判をおしたような制度では意味がありません。

ですので、共に構築するお手伝いをさせてください。

農業に精通し、人並み以上に農業に対して熱い想いもっている社労士に。

 

流れは以下の図ようになります。

 

270816

ポイントは、経営理念から、事業にはどのような人材が必要か、その人材を育てるためにどのような管理を行うかをまずは文章化すること。

そこから、就業規則で職場のルールを定め、今ある職種、職務を体系化し分析します。

ですので、今あるものにあてはめる・・・のではなく、あくまでもオリジナルのものを構築し、定着させます。

そのサポートをさせていただくのが、弊所となるわけです。
とはいえ、大事なポイントはもちろんお考えいただきますが、他の実務的な部分に関しては、弊所がさせていただきます。
のでご安心を。
しかも、助成金受給後のお支払いで、さらに、助成金受給額から弊所の報酬をお支払いしていただけるようになっているため、実際のご負担はありません。
ご興味がある方は、ぜひ、お問い合わせください。

農業法人様へご提案