農業就業者の平均年齢66歳超。

一般の企業であれば、定年に達しておられる方ばかり。高齢の方だから仕事ができない・・・と言っているわけではありません、農業は経験が必要。高齢の方ほど、熟練した技術と感をお持ちだと思います。

ただ、10年後を考えた場合、66歳の方は76歳になられます。

これで数十年後に日本の農業が維持できるのでしょうか。現状を考えると農「家」が増えるとは思えません。となれば、今元気のある農業経営者がさらに大きくなって農業就業者を増やす必要があります。
これは単に、研修生として受け入れるだけでは足りません。やはり、会社として育て、人財として大きくしないとなりません。
・・となれば、受け入れる体制の整備(就労環境の改善、就業規則等の整備、安全研修等充実)と評価制度の導入(しっかりとキャリアがアップできる仕組み)が必要だと思いませんか。

今は、そこにお金をかけずに、受給できる助成金があります。
単に、助成金をもらうことが目的ではありません。「人を育てる仕組みを作る」ことが目的です。そのきっかけとして、助成金を利用するだけのことです。ですので、制度の導入には時間も手間もかかります。
農業経営者の方であれば、必要性は感じておられるはず。

ご相談ください。
ご相談は集荷人+野菜の卸+社会保険労務士の橋本へ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする

京都府社会保険労務士会 常任理事
京都府社会保険労務士会下支部 支部長
京都府担い手育成支援協議会 登録スペシャリスト
全国農業経営支援社会保険労務士ネットワーク 会員
特定農作業従事者団体 京都農ゆう会 理事長
全国農業関係行政書士コンサルタント協議会 専門職会員

橋本將詞社会保険労務士事務所