先日の日曜日、合同会社エースクールの週末農業スクールの講師として、明石で受講生に向けてお話させていただきました。

内容は「農業と労務」。講師をお受けして、もう数年・・・何度もお話させていただいているのですが、やりはじめた当初、内容が「労務」ということで、就農を目指される方に・・・?と思っていたものの、最近では「これはこれで必要」だと感じています。

就農を目指されるものの、やはりもう少し勉強を・・・という考えから、農業法人にお勤めされる方もおられます。となれば、これは農業にかかわりませんが、労務に関する正しい知識を身につけていただくためということにもなり、後々のトラブルを未然にふせぐという意味もあります。
特に、農業の場合、労基法において適用が一部除外されているところから、求人の募集要項をみるだけで求人側がどの程度、労務のことを認識しているかがわかることもあります。
農業就労者の平均年齢66歳超。これから「農家」を増やすことは難しく、国の策としても農業法人が農業者を受け入れる体制づくりが必要です。そのために、労務・・・・必須です。

ご相談は集荷人+野菜の卸+社会保険労務士の橋本へ・・・・
農業経営を労務の面からサポートする

京都府社会保険労務士会 常任理事
京都府社会保険労務士会下支部 支部長
京都府担い手育成支援協議会 登録スペシャリスト
全国農業経営支援社会保険労務士ネットワーク 会員
特定農作業従事者団体 京都農ゆう会 理事長
全国農業関係行政書士コンサルタント協議会 専門職会員

橋本將詞社会保険労務士事務所