平成25年の農作業中死亡者数が発表されました。

350名。

これを多いとみるか、少ないとみるか。

毎年400名というところから減少しているかもわかりませんが、まだまだt取り組みが功を奏してとはいえないのではないでしょうか。

毎年のことですが、農業機械で命を落とされるかたが多いです。機械作業のこわさと安全研修への取り組み、新規就農者への研修体制の構築を業界全体として当然のこととの認識が必要です。