労災保険ですから、もちろん万が一のそなえとしての 意味合いは強いものです。

ですが、それ以上のものが本当はあります。

それが、万が一にそなえる日々の心構えをもつことです。

労災に加入することで意識するという意味合いが大きいのです。

 

農業で毎年400名近いかたが命を落とされていることを意識する。

農業機械を扱う(事故の)リスクを意識する。

従業員の行動を意識する。

 

 

労災は保険であって、保険でありません。

ですから、農業には必要なのです。

加入の相談、お寄せください。