昨日の講演、その後の懇親会にてわかったこと、それはやはり、みなさんが勘違いしておられることが多くあるということ。

例えば、労災。

農業の労災保険料率は1000分の12(特定農作業従事者であれば1000分の9)、これが何にどう掛かってくるのか、どのように計算されるのか、よくわからない。

労災だけでいえば、100,000円の給料で1,200円。100万なら12000円。

また、労災が誰のための保険なのか、勘違いされておられる方が多かった。

やはり、あのような機会を頂戴して、話をさせていただくのが近道です。